ピーターの台本帳

 

前回の記事「本質を見つけるために」はオープンな質問で閉じて、しばらくそのままにしようと思っていました。

だけどいくつかの気になることがあり、もうちょっと掘り下げるように今集中しています。

(数日前にお昼にふと窓の外を見ると、ベランダの端にカラスが一瞬止まりました。

カラスは次に向かう先をずっと見つめていて、方向を変えるために瞬間的に止まったようでした。

その時は少し驚いても取り立てて気にしていなかったのですが、もしここでもあちらでも同じようなことが同時に起こっていたのだとしたら、ちょっと慎重に捉えてみる必要があるようです。

とはいえ、それでもまだ書くのをどうしようかなと二の足を踏んでいたら、真下が震源地の地震が起こりました。

気持ちの持ちようだとは言いますが、内心では“わかった!もう降参です!時が過ぎる方が早くて後悔するのはもうたくさんだからやります。”と白旗をあげていました。

時間は一番の敵であり、翻って味方にしたいものです。)

 

「本質を見つけるために」の記事では、最近気になったものをリストアップしました。

その中で一番重みを感じていたのはどれだったでしょうか。

それは、映画「ネバーランド」でした。

ではどのシーンが心の中に蘇ってきていたでしょう。

それは、ピーターが劇の台本を書いたノートを破るシーンでした。

 

ピーターはお父さんを病気で亡くしています、

「近いうちに釣りに行こう」と言われて楽しみに準備していた翌朝にお父さんが亡くなったため、それ以来ピーターは想像することを拒み、他の男の子よりも早く大人になった感じがある男の子です。

でもジェームズ・バリに出会い、少しずつ想像する心を取り戻し始めます。

バリはピーターに劇のシナリオを書くためのノートを贈りました。

ある日、ピーターのお母さんが嫌な予感が漂うせきをし始めます。

ピーターは過去の経験から、お母さんが亡くなってしまうのではと勘づきます。

それにもかかわらず大丈夫だとごまかす大人に感情が爆発し、兄弟たちと作っていた劇を壊し始めます。

 

DVD「ネバーランド」より

 

その物音に気付いたバリがやってきて、バリはピーターの様子を何も言わずに腰かけてみつめます。

 

DVD「ネバーランド」より

 

 

 

 

が初めてのこの映画を見たときは、仕事で子どもたちの喧嘩の仲裁に入ることが多いときでした。

ピーターのお母さんのように話を聞くことはできるけれど、ドンと構えることはできずにいる自分に引っかかっていました。

そのためピーターが怒りを爆発させて、話し始めるまで待っていたバリのようになりたい、と当時は思っていたのです。

バリは男性ですが、彼の中に母性的な強さを見ていたのだと思います。

 

 

あの映画には他にも大事な要素はあるのですが、そのシーンも今でも大事な場面です。

今はどういうわけか、ピーターに感情移入しそうな気がします。

自分の感じることをビリビリに破ってしまいたいような、変な感じです。

だけどもっと細かく見れば、注意を引きつけられるのはピーターの台本帳です。

それに感じるものを強調してみると、こんな感じでしょうか:

深いところに眠る夢や希望や勘を信じてみてください。

問題を含めて、自由に思うところをノートに書いてみてください。

破られてもまたつなぎ直されるノートに、どんな世界を作りあげたいですか?

 

(パンデミックは全大陸を覆っていて、こんな状況はそう起こるものではなく、多かれ少なかれみんなが同じテーマを抱えている状況だと思います。

私たちは別々の場所にいるかもしれないけれど、継続的に大きなフォーラムが毎日開かれているような感じもしています。)

 

ビーレエションシップを探検!