私たちの集合意識体の肺

 

インナーワールドワークのシリーズをビーレエションシップに設けていましたが、COVID-19のこんなシビアな状況で始めるとは思いもしませんでした。

 

COVID-19によって多くの人の肺に影響が出ています。

この状況はには、私たちの集合的な意識体の肺が攻撃されているように思えています。

そのように感じてから、ある疑問が心の中に繰り返し現れています。

このインナーワールドワークはもしかすると奇妙なものに思えるかもしれません。

しかし多くの人が身体的にも精神的にも苦しんでいて、医療関係者はまさに最前線でリーダーシップをとっていて、政治家は方向性の決断に追われています。

明るく振る舞うことで周りを和やかにしようとしている人たちもいます。

心や意識に携わる者として何ができるのか。

その答えがこれです。

 

私たちの集合意識体の肺へ

今まさにCOVID-19に攻撃されていて、すごく苦しくてきつい思いをしていると思います。

ずっと心の中に押し込んできたものはないですか?

心に押し込んだものを表現しようとしたのに私たちが気づかなかったのかもしれないのですが、少しでも話してもらえることはありませんか?

 

この疑問を現実的な言葉に翻訳すれば、私たちが何か違和感を感じるのに心の内に押しとどめて視界に入れないようにしてきたものはないだろうか、地球規模のことが起きているのだから、それはおそらく社会構造に関することで、ということになります。

トップダウンの答えではきっとうまくいかないでしょう。

真にボトムアップで集約され、心の深いところでうなずける答えを見つけ出す必要があると思うし、それを考えている人はすでにたくさんいると思います。

 

リーダーとは誰のことなのでしょうか?

リーダーとは権威と同義ではなく、アイディアを持っている人のことだと思います。

つまり、そのときどきの状況であなたがリーダーになりうるということです。

心を凍らせないでください。

体を温めましょうという健康上の意味だけでなく、気持ちが行き詰まって動かなくならなければ、経済は再生します。

経済学者へ、見向きもされなかったり、視野に入れないようにしてきたアイディアはないですか?

 

思っているだけでは難しいですが、時に言葉やひとつの小さな動きは振動となって大陸を瞬時に駆け抜け、小さなひらめきという爆発を起こすことがあります。

 

 

P.S. もし家にいることを選べるのなら、そうしましょう。

家でも多分(ほぼ確実に)することがたくさんあるはずです。

もしすることがないというのなら、家の中のどんなウイルスがいても綺麗にする方法を知っていますか?

もし知らないなら方法を探して、自分のルーティーンを見つけましょう。

 

 

P.S.2 (2020.4.3. 追加)

この記事を書き終えた後、感染しやすいものが蔓延するならCOVID-19より創造性の方がいいのになとふと考えていました。

そのときこのカードを思い出したのです。

“創造性はすぐに広がって動き出す。他の人にも受け渡そう。”

>

 

 

もしかすると感染しやすさが鍵なのかもしれません。

途中の計算(インナーワークや理由)は今は省きますが、未知の現象が私たちに気づいて欲しいことがあるとするなら、それは自分たちが思うよりもっと創造性があるんだよということなのかもしれません。

だけど創造性や創造的なコラボレーションの変容度が大きいければ大きいほど、暗闇の時間が必ずあり、そこにたどり着くまでのある程度の規律性も求められます。

レストランやパーティーでこれまで以上に創造性を発揮したり、いわゆる自分の中の創造の源泉の声を聞くことはしにくいです。

こうしたことを十分に深く体験したのちに、次の疑問の答えが見えてくるのかもしれません;

もし次々に感染するかのようにもっと創造性を発揮して、変容度の深いコラボレーションが自然に起きるには、どんな道具が必要で、どんな考え方が必要で、どんな経済構造が必要になるのでしょう?

 

ビーレエションシップを探検!