二人の人生の先輩の誕生日パーティー

2020年1月1日にビーレエションシップの周りでは、二つの誕生日パーティーが同じ時間に開かれていました。

ひとつはここ日本で、そしてもう一つは海を挟んだアメリカで開催されていました。

それぞれの誕生日パーティーでは、人生の先輩のこれまでの人生の物語が紹介され、参加した人はその存在感を深く感じ取っていました。

そうした瞬間はとても豊かな時間です。

 

同じ日の同じ時間に、縁をいただいた人生の先輩の誕生日が祝福されているということは、めったに起こることではありません。

どうして、何が起こっているんだろう?

どちらの人生の先輩も、ビーレエションシップに影響を与えている方達の一人です。

ディレクターであるは、例えば鍛えられた母性や、起こっていることに深く寄り添う方法といった、二人の人生の先輩がもたらしてくれたものは、蜂の”血液”のようなものだと感じています。

一度その”血液”が凍り付くと、蜂自身がいとも簡単に行き詰まるのを経験しているくらいです。

二人の人生の先輩の人生の物語を知り、改めてその存在感に感じ入っていると、敬意の念とともに頭を下げるような感覚が沸き起こり、しばらくは何とも言えない深い音が耳元で響いていました。

その後ふと思い出したのが、ヨセフのカラフルなコートだったのです。

(もしかするとそれは、カラフルなマットにまつわる話がビーレエションシップの周りで出ているのと関係しているのかもしれません。)

蜂自身がこの出来事を十分深く感じ取って理解しているかはまだわかりませんが、ヨセフのカラフルなコートのイメージが伝えようとしているのは、こういうことかもしれません:

興味にそって、もっと一緒に遊びましょう。遊ぶことが思わぬ方法で、なじみのない考え方や見方に感じ入るのを助けてくれるかもしれません。そして時間をとって自分の心に深く耳を澄ますと、何をすべきかはっきりと見えてくるかもしれません。もしかするとこうした流れは、すぐには受け入れがたい考え方を抱えていく練習になるのかもしれません。

 

人生の先輩のこれまでの物語を聞いたり、その存在感に深く感じ入ることは、意味深いものです。

もしかすると私たちがどうしてここにいるのかを感じ取り、心の深い部分が揺さぶられるような感覚になるかもしれません。

(蜂はアップルパイを焼くときに、指をやけどしないように自分に言い聞かせていました。)

 

二人の人生の先輩に、未だおさまらない頭を下げるような感覚とともに、敬意と感謝を込めて。

みなさんは、どんな時間を人生の先輩と一緒に過ごしていますか?

ビーレエションシップを探検!