"刺繍糸は色鉛筆みたいなもの。そう、刺繍は私にとってぬり絵なの。"


伊都 (b. 1932)

パッチワーク柄のタペストリー

クロスステッチ

タペストリー





作品と作家のストーリー

伊都は現在80代で、これまで家族や自分のために刺繍作品を作ってきました。

この作品はそのうちのひとつです。

Ito

下ポケットの図柄の大きさが本来の大きさなのですが、

タペストリー本体の図柄は、1つの四角につき2目ずつ減らし、小さくして並べています。

色も手持ちの糸から選んで刺しました。

色選びはやはり発見があって楽しいです。


伊都は最近、もっと刺しゅうを楽しんで、
これまでやこれからの友達と、
作る喜びを分かち合いたいと思っています。


伊都について:







作品にフィードバックや共感を寄せる

コメントやフィードバックはこちらに





関連する話や作品





刺繍を楽しもう

伊都(b.1932)の他の作品

ビーレエションシップでは、70代以上の方がこれまで作ってきた刺繍作品と、作品にまつわる物語を募集しています。

【参加方法】
・Instagram あるいは Twitter
ハッシュタグ #BLSO70 をつけて、ご自身のインスタグラムかツイッターのアカウントに投稿してください。

BLS over70 刺繍コギャラリーに作品の掲載をご希望される方は、下記のメールにご連絡ください。
embrdry-hello[a]beelationship.com ([a]を@に変えてください)

詳しくは、BLS over70 刺繍コギャラリーへの参加方法をご覧ください。

ビーレエション刺繍工房では、メンバーの蜂が伊都の作品に刺激を受けて、刺繍の練習をしています。