Military Wives Choir (2011) Wherever You Are

 

歌詞 Paul Mealor. (2011) Wherever You Are. Kensington, UK: Decca Records.

あなたがどこにいても あなたを私の愛で守ります
時と場所をつなぐ光の橋を 私の心で架けます

あなたがどこにいても 私たちの鼓動はひとつ
あなたが任務を終えるまで 毎晩あなたを夢で抱きしめます

暗闇を光で照らして 素晴らしい星のように
私たちの希望と夢 私の心とあなたの心は 永遠に光り続ける

暗闇を光で照らして あなたは平和の騎士
あなたの周りで 星が輝きますように
あなたの勇気がくじけませんように

 

私はどこにいても 辛い夜を乗り越えていきます
あなたが無事に帰ってくることを祈り 暗闇の中に光を見つけます

暗闇を光で照らして 素晴らしい星のように
私たちの希望と夢 私の心とあなたの心は 永遠に光り続ける

暗闇を光で照らして あなたは平和の騎士
あなたの周りで 星が輝きますように
あなたの勇気がくじけませんように

 

 

 

 

❣️舞台裏

“Wherever You Are”の一番の目的(1:07から)

(インタビューの大まかな訳)
「僕が初めて彼女たちに会った時は、彼女たちのパートナーが任務に出たばかりの時で、彼女たちは塞ぎ込んでいて、感情を揺さぶるようなものには触れないという、とても厳しい時期でした。
だから、そこにあるもつれて固くなった感情を少しずつほぐして、引き出すようにしていきました。
それはセラピーのようで、とても素晴らしい体験で、彼女たちの気持ちも少しずつ楽になっていっていました。
クリスマスチャートで1位を取ることは、少年の夢のようで、自分の頬をつねって夢ではないかと思うくらい、嬉しいことです。
でも究極の目的は資金を作り、素晴らしい仕事をしている、SAAFA and Royal British Legion(?)へ支援をすることです。」

 

 

“Wherever You Are”の舞台裏

(軍人の奥さんの話)
「軍人の妻であることは、つらいことです」
「私たちのラブレターを繋ぎ合わせてできたこの歌は、歌声に乗せて世界へ広がり、軍人と恋に落ちるということはどういうことかを表現しています」
「私も仕事を持っていて、小さな子どもが二人いて、毎朝起きるたびに『パパはどこ?』と聞かれることは、とても辛いことです」
「大きな喜びを感じる瞬間も、奈落の底に落ちるような深い悲しみを感じる瞬間もあります」
「戦地にいる夫を心配して集中できない中、日々のことをこなしていくのは、とても大変なことです」
「夫が前回帰宅した時は、飛行場の入り口(?)で、家族3人で彼を抱きしめて、泣かずにはいられませんでした」
「主人が戦地に行くたびに、2歳の子どもは『パパは今度はどこに行ったの?』と聞きます。説明するのが、すごく辛いです。息子は、父が素晴らしい仕事をしているのだと思っています」

 

 

 

 

 

ビーレエションシップを探検!