BLS over70 刺繍コギャラリー

ギャラリー


BLS over70 刺繍コギャラリーとは?

70代以上の刺繍愛好家の作品を展示している、協働のデジタルギャラリーです。

いつでも、どこからでも作品をご覧いただくことができ、
70代以上の方であれば、どなたでもご参加いただけます。

暮らしの中で作られた刺繍作品は、家の中以外では日の目を見ることが少ないかもしれません。

そんなときにBLS over70 刺繍コギャラリーにご応募ください。

関わりを通じて刺繍をする励みになったり、ご自身の刺繍スタイルを発見するきっかけとなれるよう運営してまいります。

 

参加・応募方法

気軽に作品を共有したい方は、SNS(Instagram, Facebook, Twitter)でご参加いただけます。

InstagramおよびTwitterをご利用の方は、#BLSO70をつけて写真をご自身のアカウントに投稿してください。

(ご家族や周りの方で、刺繍作品を家の中にしまったままだけど、
これからいろいろな人に見てもらいたいと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけのうえご参加ください。
またインターネットにつながっていない方のご応募方法も検討いたしますので、お気軽にご連絡ください。)

一人の作家として、作品を全部まとめて展示したい方は、BLS over70 刺繍コギャラリーにご応募いただけます。

>>詳しくはこちら

どうして始まったの?

30代の蜂は、当時84歳だった伊都の刺繍作品を集める中で、
暮らしの中で一針一針丁寧に刺された作品が家の中でひっそりとしている様子を見てきました。

そして伊都の刺繍の物語のビデオを作る中で、
80代から100歳を超えた方が、各地で刺繍の展示会を開催されていることを知りました。

すると蜂は生活の中で作られた刺繍作品が外に向かって開れるのを、もっと見てみたいと思うようになっています。

丹精込めて作ったものを中心に輪が広がっていくのは、何にも変えがたい喜びがあります。

まして元気がなくなっていたり、年齢を重ねるにつれ体調が優れないときは、なおのことです。

若者の文化とは異なり、年配の方は自分の作品を前に出すことに遠慮しがちだと思います。

ちょっと勇気を出してその壁を越えて、ご連絡をいただけないでしょうか。

作品を公開してみると、世代や国を超えて、同じ興味で繋がれる喜びが待っています。

ウェブサイトを通じて伊都の作品を公開してから、普段は控えめな伊都も、
誰かが作品を見てくださり、コメントをいただいたことを知ると、
作品を作る楽しみが増したと言い、生きる支えになっているようです。

現在70歳以上の方が、これまで暮らしの中で丁寧に作られた大切な刺繍作品に誇りを感じていただきたい。

こうした思いから、
70代、80代、90代の刺繍愛好家が作品を見ることができる場を運営することを考えるようになりました。