BLS over70 刺繍コギャラリーへようこそ!

ギャラリーに展示中の作家

 

 

BLS over70 刺繍コギャラリーとは?

70代以上の刺繍愛好家の作品やその背景にある物語を伝えているプロジェクトで、オンラインのギャラリーを併設しています。

刺繍作品はいつでも、どこからでも、ご覧いただくことができるようになっています。

70代以上の方ならコギャラリーのご参加いただくことができます。

暮らしの中で作られた刺繍作品は、家の中以外では日の目を見ることが少ないかもしれませんが、
誰かに見てもらったらどうなるだろうなぁとふと思うことはございませんか?

作品を世界へオープンにしてみると、同じように製作している人を知ったり、刺繍作品を制作する励みになるかもしれません。

またこれまでのご自身の作品を改めて見つめるなかで、自分の刺繍スタイルがあることを発見したという話もうかがっています。

BLS over70 刺繍コギャラリーに応募してみませんか?

参加・応募方法

作品の応募区分は二つございます。

 

まず気軽に作品を共有したい方は、SNS(Instagram, Facebook, Twitter)をご利用ください。
(BLS over70 刺繍コギャラリーの各ソーシャルメディアアカウントをご覧になりたい方は、
このページ下の黄色い部分の「SNSにもいます」>「BLS 刺繍コギャラリー」からご覧いただけます。)

各ソーシャルメディアのご自身のアカウントに写真を投稿する際、#BLSO70を記述欄に記入してください。

これが一番手軽な方法で、費用もかかることなく、私たちも拝見することができます。

しかし、70歳以上の方でインターネットに親しむ方は少ないかもしれません。
その場合はご家族のサポートが必要になるかと思います。

私たちにできるサポートはできるかぎりさせていただきたいと考えておりますので、
こうすれば簡単に共有できるのになというお考えがございましたら、お聞かせいただければ幸いです。

 

次に、一人の作家として、作品を全部まとめて展示したい方は、
ビーレエションシップのウェブサイトからBLS over70 刺繍コギャラリーにご応募いただけます。

こちらは費用がかかる方法です。

ゆくゆくは料金を頂戴することを検討しておりますが、
現在は最初の御一方に限り20作品まで、費用をいただかずに展示をさせていただきます。

 

いずれの場合も、詳しくはこちらをご一読ください。

 

みなさまからのご応募をお待ちしております。

 

BLS over70 刺繍コギャラリーはどうして始まったの?

はビーレエションシップのディレクターであり、孫でもあります。

蜂は伊都が大好きで、伊都は30年に渡って刺繍をしていました。

ところが伊都は病気を機に、刺繍糸も針もかたづけてしまいました。

数年の後、幸いにも伊都は病気から回復しましたが、刺繍に興味を失っていたのは変わりませんでした。

蜂と平次は伊都に自分自身を思い出してほしいと願っていて、どうしたら思い出してもらえるかなとずっと悩んでいました。

そのときふと、暮らしの中で一針一針丁寧に刺された刺繍作品が家の片隅でひっそりとしている様子が蜂の目にとまりました。

だんだんと伊都の昔の刺繍作品を一緒に振り返ることが大事なような気がしてきたのです。

そこで蜂は、当時84歳だった伊都の刺繍作品を集めることにしたのです。

 

さてその後はどうなったのでしょう?

一緒に刺繍作品を振り返ったことで、伊都は心の元気を少しずつ取り戻すことができたのです。

新しい刺繍作品にも取り組むようになりました。

変化は伊都だけにとどまりません。

蜂もまた、過去の作品を一緒に振り返ることはとても大切で、その人らしさが自然と花開くことためのひとつの方法だと感じたのです。

そして最終的に集めた作品を伊都の刺繍の物語のビデオにまとめるときに、
80代から100歳を超えた方が、各地で刺繍の展示会を開催されていることを知りました。

なんと…!すごいことだと思いませんか?

蜂は、年配の方の作品を展示する機会は少ないことに気づき、もっとそうした作品に光を当て、その裏にある物語をうかがいたいと思うにようになりました。

 

もし作品を公開するのが恥ずかしいなと思う方がいらっしゃいましたら、お伝えしたいことがあります。

私たちは、どんな刺繍作品にも物語が潜んでいて、その物語は大切にされるべきものだと思っています。

過去の作品に、あなたらしさを見つける鍵があると信じています。

あなたらしさが見つかると、人生の深い喜びを感じる助けになるとも思っています。
ウェブサイトを通じて伊都の作品を公開してから、普段は控えめな伊都も、
誰かが作品を見てくださり、コメントをいただいたことを知ると、
作品を作る楽しみが増したと言い、生きる支えになっているようです。

もし興味がある方がいらっしゃいましたら、どんな形でも大丈夫ですので、
フィードバックをいただけると、私たちにとっても大きな助けとなります。

まずはここで何が起こるかに焦点を当てて進めていきたいと思っています😊☀️

刺繍には時空を隔てる壁はありません。

さぁ一緒に刺繍を楽しみましょう。