ミニバードのMySQLデータベースのバックアップをphpMyAdminでとる方法

Ⅰ. バックアップは不可欠!データベースのそれも然り

バックアップを取っておくことは、デジタル世界ではどんな機器でも不可欠です。

そうでないと、ある日突然、データが消えた…という悲惨な目に合いかねません。

ビーレエションシップも今日ここまで、
ウェブサイトとしてのビーレエションシップという場を一生懸命に作り、情報を載せてきました。

そんな大事なデータを守るために、バックアップを取ることにしましょう。

Ⅱ. バックアップを取る方法(ミニバードの場合)

ビーレエションシップでは、ネットオウル社のミニバード というサーバーにお世話になっています。

(思い出すのが、サーバーを探す際にどこがいいかわからず苦労したときに決め手になったのが、
オウル(フクロウ)のアイコンでした。
フクロウは昔から好きなモチーフなのです。
今でもネットオウルという社名は変わっていないようですが、ミニバードという名前ではサーバーを契約できなくなっています。
ミニバードと同じ位置づけのプランがライトプランになっていて、
スターサーバーという名前でいろいろなプランをまとめるようになっているようです。
スターサーバーという名前も、星を連想してキラキラしているような感じが好きですが、
個人的には、ショッキングピンクのミニバード(ひよこ?)がかわいくて、今でも結構お気に入りです。)

 

さて、ここからは、ミニバードの場合のデータベースバックアップの方法をまとめていきます。

A. 管理画面を開く

まずはネットオウル にアクセスして、管理画面を開きます。

minibird_backup_001

 

B. データベース設定を開く

次に、左の列にある【データベース設定】をクリックして開きます。

minibird_backup_002

C. phpmyadminを開く

データベース設定を開くと下のような画面が出てきてます。

オレンジ色のタブの一番左に【phpmyadmin】というタブがあるので、そこをクリックします。

minibird_backup_003

 

ここがデータをエクスポートできるツールの入り口となっています。

 

1. データベースのユーザー名とパスワードを入力する

【phpmyadmin】をクリックすると、
エクスポートしようとしているデータベースのユーザー名とパスワードを入力するように求められます。

データベース設定時のメモを見ながら、データベースのユーザー名とパスワードを入力します。

注意が必要なのは、ネットオウルで契約したサーバーのユーザー名やパスワードとは違うことです。

ネットオウルでサーバーを契約したら、
その中にデータベースがいくつか設定できるようになっており、
そのデーターベースのユーザー名とパスワードをここでは求められています。

minibird_backup_004

無事にログイン出来たら、ここからは、phpmyadmin内での作業となります。

2. データベース名をクリックする

左の列にあるバックアップしたい【データベース名】をクリックします。

minibird_backup_005

 

3. エクスポートをクリックする

データベース名をクリックすると、下のような画面が現れます。

ファイル一覧の上のタブの中に、【エクスポート】というタブがありますので、そちらをクリックします。

minibird_backup_006

 

タブのエクスポートをクリックすると、このような画面が現れます。

minibird_backup_007

 

4. ファイルを保存するにチェックを入れる

設定は触らずにそのまま下に進んでいくと、
【ファイルを保存する】というチェックボックスが空欄になって出てきます。

そこをクリックして、チェックを入れます。

minibird_backup_008

 

5. 【実行する】ボタンを押す

ファイルを保存するにチェックを入れたら、右側にある【実行する】ボタンを押します。

minibird_backup_009

 

6. 【ファイルを保存する】を選択し、【OKボタン】を押す

実行するボタンを押すと、下の画面が現れます。

ここで【ファイルを保存する】を選択し、【OKボタン】を押すと、ファイルのダウンロードが始まります。

minibird_backup_010

 

これが完了すれば、データベースのエクスポートが完了し、バックアップがとれたということになります。

パソコンのダウンロードフォルダー内に、バックアップデータファイル(ファイル名は「データベース名.sql」)が保存されているはずです。

このファイルを大切に保管しておきましょう。

パソコンのデータが飛んでしまったら、このバックアップファイルも消えてしまうので、パソコンのバックアップを行ったり、安全な場所(外付けHDDなど)に保管しておきます。

Ⅲ. まとめ

バックアップを取ることは不可欠だと、パソコンが故障した時に痛感していました。

ウェブサイトでも同様で、バックアップを取るためにプラグインを利用したりもしていましたが、どうにも心もとない感じがありました。

サーバーでファイルをエクスポートすることができれば、この方法が一番手堅いような気がします。

手動ですが、手軽ですので、定期的にバックアップを取り、万が一の時に備えておきましょう。

Ⅳ. 著作権

文章や写真のすべての著作権は、Beelationshipに帰属します。
利用規約の著作権当知的財産権を必ずご一読いただき、
無断使用(引用元を明記しないコピーペースト、二次利用)はご遠慮ください。
引用される場合は、引用元(URLや記事名)を明示してください。
上記を守っていただける場合、リンクはフリーです。